ラマルティーヌ(英語表記)Alphonse Marie Louis de Prât de Lamartine

百科事典マイペディアの解説

ラマルティーヌ

フランスの詩人,政治家。貴族の出。処女詩集《瞑想詩集》(1820年)により抒情詩を復活,最初のロマン派詩人となる。1820年以後《詩的宗教的諧調詩集》のほか,人類の歴史を歌う叙事詩構想のもとに《ジョスラン》《天使失墜》を書く一方外交官や自由主義政治家として活躍。二月革命後,外務大臣を務めたが間もなく失脚晩年借財返済のため小説などを多く書いた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ラマルティーヌ【Alphonse de Lamartine】

1790‐1869
フランスの詩人,政治家。身分の低い貴族の家に生まれ,幼少時代をブルゴーニュのマコン近くの領地で過ごし,17歳のときまでカトリックの神父たちのもとで勉強を続け,その後は自由な読書と旅と恋と書くことで青春を送った。第1次王政復古のとき,ルイ18世の近衛を務めたが,〈百日天下〉でスイスに亡命し,軍籍を退き,文学を自らの天職と定め,悲劇を書き始めた。1820年に出版した《瞑想詩集》は,熱狂的に迎えられ,ロマン派の抒情詩の時代の幕明けとなった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ラマルティーヌ【Alphonse de Lamartine】

1790~1869 フランスの詩人。平明流麗な抒情詩「瞑想詩集」は、ロマン派詩最初の傑作。政界でも活躍。他に詩集「詩的宗教的諧調集」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

旺文社世界史事典 三訂版の解説

ラマルティーヌ
Alphonse de Lamartine

1790〜1869
フランス−ロマン主義の詩人・政治家
『瞑想詩集』で詩人の地位確立。七月革命後,政治生活にはいり,共和主義者で,二月革命後の臨時政府の一員として外務大臣となり,ブルジョワ急進派を代表して社会主義者と対抗。ナポレオン3世のクーデタ後政界を去り,不遇の晩年を送った。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

今日のキーワード

COVID-19

2019年末に発生した新型コロナウイルス感染による症状の名称。コロナウイルス(Coronavirus)と病気(Disease)の短縮形に、感染が報告され始めた2019年を組み合わせ、20年2月11日に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android