コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラマルティーヌ ラマルティーヌ Alphonse Marie Louis de Prât de Lamartine

5件 の用語解説(ラマルティーヌの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ラマルティーヌ(Alphonse Marie Louis de Prât de Lamartine)

[1790~1869]フランスの詩人・政治家。ロマン派の代表的詩人の一人。1848年の二月革命では臨時政府外相に就任した。作「瞑想詩集」「静思詩集」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ラマルティーヌ

フランスの詩人,政治家。貴族の出。処女詩集《瞑想詩集》(1820年)により抒情詩を復活,最初のロマン派詩人となる。1820年以後《詩的宗教的諧調詩集》のほか,人類の歴史を歌う叙事詩の構想のもとに《ジョスラン》《天使の失墜》を書く一方,外交官や自由主義政治家として活躍。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ラマルティーヌ【Alphonse de Lamartine】

1790‐1869
フランスの詩人,政治家。身分の低い貴族の家に生まれ,幼少時代をブルゴーニュマコン近くの領地で過ごし,17歳のときまでカトリックの神父たちのもとで勉強を続け,その後は自由な読書と旅と恋と書くことで青春を送った。第1次王政復古のとき,ルイ18世の近衛を務めたが,〈百日天下〉でスイスに亡命し,軍籍を退き,文学を自らの天職と定め,悲劇を書き始めた。1820年に出版した《瞑想詩集》は,熱狂的に迎えられ,ロマン派の抒情詩の時代の幕明けとなった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ラマルティーヌ【Alphonse de Lamartine】

1790~1869) フランスの詩人。平明流麗な抒情詩「瞑想詩集」は、ロマン派詩最初の傑作。政界でも活躍。他に詩集「詩的宗教的諧調集」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラマルティーヌ
らまるてぃーぬ

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラマルティーヌの関連キーワードデュクロマレルブサルコジボワローコペーフランスソワールマンデスフランスリスト:詩的で宗教的な調べ/piano soloシュリ・プリュドムルーマニーユ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone