柳田 知常(読み)ヤナギダ トモツネ

20世紀日本人名事典の解説

柳田 知常
ヤナギダ トモツネ

昭和期の国文学者,俳人 金城学院大学名誉教授。



生年
明治41(1908)年5月26日

没年
平成7(1995)年1月25日

出生地
岐阜県大垣市

別名
別名=柳田 知常(ヤナギダ チジョウ)

学歴〔年〕
東京帝国大学国文学科〔昭和5年〕卒

経歴
各地の中学教諭を経て、昭和22年金城女子専門学校教授、47年から金城学院大学長、のち名誉教授となる。大正14年キリスト教入信。倉田百三主宰の「生活者」に参加。また俳誌「橋」を主宰し、句集に「梅雨坂」など。著書に「コスモスと鰯雲」「岩野泡鳴論考」「作家と宗教意識」「めだか随筆」「遠景と近景 昭和初年の文学と思想の状況」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android