柴田吉之丞(読み)しばた きちのじょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

柴田吉之丞 しばた-きちのじょう

?-? 江戸時代後期の漁民。
紀伊(きい)牟婁(むろ)郡須賀利浦(三重県)の人。一種の鮪(まぐろ)網を考案。その後も改良をかさね,天保(てんぽう)(1830-44)の末ごろの村の年間漁獲量は大鮪7万尾にも達した。感謝した同村の漁民から山林をおくられた。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android