コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柴田東五郎 しばた とうごろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

柴田東五郎 しばた-とうごろう

1818-1873 江戸後期-明治時代の武士,官吏。
文政元年生まれ。商家の出だが,江戸にでて幕臣柴田氏の養子となる。鹿児島藩邸に出入りし,内外の情報探索役や水戸藩,萩(はぎ)藩との連絡役をつとめる。明治元年下総(しもうさ)曾我野藩(千葉県)藩士となり,のち刑部権大録(ぎょうぶごんのだいろく)などを歴任。明治6年死去。56歳。日向(ひゅうが)(宮崎県)出身。本姓は熊原。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

柴田東五郎の関連キーワードサッカー(フットボール)日本郵便制度史(年表)サウド家津田真道光の科学史大不況鉄筋コンクリート構造フォンタネージ梅暮里谷峨楠里亭其楽

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android