コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柴田洞元 しばた どうげん

1件 の用語解説(柴田洞元の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

柴田洞元 しばた-どうげん

1767-1845 江戸時代後期の医師,本草家。
明和4年8月26日生まれ。医学を林良沢にまなび,郷里の尾張(おわり)(愛知県)で開業。本草学に通じ,名古屋藩薬園手伝掛となり,文化8年(1811)「日用薬品考」を刊行。本居春庭(もとおり-はるにわ)に和歌をまなんだ。弘化(こうか)2年9月4日死去。79歳。本姓は江崎。名は正簡(まさぶみ)。字(あざな)は子廉。号は溶々斎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

柴田洞元の関連キーワード三角了敬阿部古仙桂川甫筑(4)神戸習悦佐藤圭陰佐野宏沢田玄良百々俊道守矢祥庵青木絙剬

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone