コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

江崎 えさき

4件 の用語解説(江崎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

江崎
えさき

山口県北部,日本海に面する萩市北東部の旧町域。 1955年小川村と合体して田万川町となり,2005年周辺7市町村が合体して萩市となった。東隣の島根県益田市との交流が多く,島根県の影響が強い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

えさき【江崎】

姓氏の一。
[補説]「江崎」姓の人物
江崎玲於奈(えさきれおな)

えざき【江崎】

姓氏の一。
[補説]「江崎」姓の人物
江崎誠致(えざきまさのり)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

えさき【江崎】

長門国阿武郡の港町。現,山口県田万川(たまかわ)町江崎。東西を山に囲まれ,日本海に面する天然の良港。1396年(応永3)の済度寺の古鐘銘に〈長州阿武郡多万郷江津村済度寺〉とあり,中世には多万郷の江津村と称していた。《防長風土注進案》は,江崎を古くは〈江津の湊〉と呼び,港として繁栄していたことを伝えている。江津は阿武18ヵ郷の米を若狭国へ積み出す重要な港であった。近世初頭,益田景祥の知行地であったが,1625年(寛永2)に景祥が吉敷郡問田へ替地となったため,蔵入地となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の江崎の言及

【田万川[町]】より

…北は日本海に臨み,町の中央を田万川が北流する。日本海に面する中心集落の江崎は天然の良港で,古くから物資の集散地として栄え,江津の湊と称して阿武郡十八郷の米を若狭国へ積み出す港町であった。米作を中心に,クリ,モモ,ナシの栽培,養豚,養鶏が盛んである。…

※「江崎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

江崎の関連キーワード田万川[町]山口県阿武郡山口県阿武郡阿武町宇田山口県阿武郡阿武町宇生賀山口県阿武郡阿武町木与山口県阿武郡阿武町惣郷田万川〈町〉山口県阿武郡阿武町奈古山口県阿武郡阿武町福田上山口県阿武郡阿武町福田下

江崎の関連情報