コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柴田白葉女 しばた はくようじょ

1件 の用語解説(柴田白葉女の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

柴田白葉女 しばた-はくようじょ

1906-1984 昭和時代の俳人。
明治39年9月25日生まれ。父井上白嶺の指導をうける。昭和7年から飯田蛇笏(だこつ)に師事し,「雲母(うんも)」同人。29年加藤知世子らと「女性俳句」を創刊,37年「俳句女園」を創刊,主宰。58年「月の笛」で蛇笏賞。昭和59年6月24日死去。77歳。兵庫県出身。東北帝大卒。本名は初子。句集に「冬椿」「遠い橋」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

柴田白葉女の関連キーワード児童雑誌朝鮮映画NAVI-5(電子制御式自動5段変速機)交通事故新派劇Dumb Type天宮良吉川晃司ACTIONトヨタMR2

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone