コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柿田川 カキタガワ

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

柿田川

清水町の柿田川公園を起点に狩野川に至る約1・2キロ。1日約450万トンといわれる富士山の地下水の2割以上、約100万トンの湧水(ゆうすい)量がある。その清らかな流れから「21世紀に残したい日本の自然100選」や「名水100選」などに選ばれており、年間約50万人の観光客が訪れる。一年を通じて水温が約15度と安定しており、多くの動植物が生息。ウツセミカジカやホトケドジョウ、ミシマバイカモやヒンジモといった環境省指定の絶滅危惧種も23種類以上確認されている。今年5月、国の天然記念物に指定されることになった。

(2011-09-05 朝日新聞 朝刊 静岡 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

大辞林 第三版の解説

かきだがわ【柿田川】

静岡県駿東すんとう郡清水町を流れる狩野川の支流。富士山の湧泉を水源とする。長さ約1キロメートル。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔静岡県〕柿田川(かきたがわ)


静岡県駿東郡清水(しみず)町の柿田川湧水(ゆうすい)群に源を発し、南流して狩野(かの)川に合流する。1級河川(狩野川水系)。延長1km。富士山からの豊富で清澄な伏流水(ふくりゅうすい)による湧水と、水生植物群で知られる。「かきだがわ」とも読む。

〔静岡県〕柿田川(かきだがわ)


柿田川(かきたがわ)

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

柿田川の関連キーワード静岡県駿東郡清水町伏見清水(町)(静岡県)静岡県駿東郡清水町柿田川湧水群泉(湧泉)清水[町]沼津ひもの黄瀬川湧泉水源支流

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

柿田川の関連情報