コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柿谷曜一朗 かきたによういちろう

2件 の用語解説(柿谷曜一朗の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

柿谷曜一朗

プロサッカー選手。1990年1月3日、大阪市生まれ。177センチ、68キロ。ポジションフォワード、ミッドフィルダー。高校在学中の2006年5月、クラブ史上最年少の16歳にしてセレッソ大阪とプロ契約を結ぶ。同年に「AFC U-17選手権2006 MVP」「AFC優秀ユース選手」を、翌年には「AFC優秀ユース選手」を獲得し、早熟の天才として注目される。しかし08年になると出場機会が少なくなり、練習への遅刻などプロ意識に欠ける行動が見られたため、09年6月、J2の徳島ヴォルティス期限付き移籍が決定した。同チームでは大きな活躍をみせ、12年1月、セレッソ大阪に期限満了により復帰。同シーズンに「Jリーグ優秀選手賞」を受賞し、13年5月には「Jリーグ月間MVP」を受賞するなど完全復活を果たした。同年、「東アジアカップ2013」の日本代表に初選出され「大会得点王」を獲得、同選手権での日本代表初優勝の原動力となった。

(2013-8-19)

出典|朝日新聞出版
知恵蔵miniについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

柿谷曜一朗 かきたに-よういちろう

1990- 平成時代のプロサッカー選手。
平成2年1月3日生まれ。ポジションはFW,MF。セレッソ大阪の育成組織で育ち,追手門学院大手前高時代に16歳でプロ契約し,セレッソ大阪に入団。平成21-23年徳島ヴォルティスに期限付き移籍。24年セレッソ大阪に復帰。25年Jリーグ・ベストイレブン。同年東アジアカップで日本代表に初招集。26年FIFAワールドカップ(ブラジル大会)の日本代表にえらばれる。同年スイスバーゼルに移籍。大阪府出身。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

柿谷曜一朗の関連キーワード印僑海部俊樹内閣ドイツ統一女性労働中国脅威論牧瀬里穂田中里衣悪魔くん花卉園芸客船

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

柿谷曜一朗の関連情報