栗原安秀(読み)くりはら やすひで

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

栗原安秀 くりはら-やすひで

1908-1936 昭和時代前期の軍人。
明治41年11月17日生まれ。陸軍中尉。歩兵第一連隊付き。皇道派青年将校の中心となり,昭和11年の二・二六事件で機関銃隊をひきいて首相官邸を襲撃。軍法会議で死刑判決をうけ,同年7月12日処刑された。29歳。島根県出身。陸軍士官学校卒。
【格言など】余万斛(ばんこく)の怨みを呑み,怒りを含んで斃(たお)れたり(辞世)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android