コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

栗原安秀 くりはら やすひで

1件 の用語解説(栗原安秀の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

栗原安秀 くりはら-やすひで

1908-1936 昭和時代前期の軍人。
明治41年11月17日生まれ。陸軍中尉。歩兵第一連隊付き。皇道派青年将校の中心となり,昭和11年の二・二六事件で機関銃隊をひきいて首相官邸を襲撃。軍法会議で死刑判決をうけ,同年7月12日処刑された。29歳。島根県出身。陸軍士官学校卒。
【格言など】余万斛(ばんこく)の怨みを呑み,怒りを含んで斃(たお)れたり(辞世)

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

栗原安秀の関連キーワード数学基礎論時代劇監獄法新聞小説イタリア映画東欧映画オリンピック蛇紋岩中南米映画陸軍省

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone