コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

栗原安秀 くりはら やすひで

1件 の用語解説(栗原安秀の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

栗原安秀 くりはら-やすひで

1908-1936 昭和時代前期の軍人。
明治41年11月17日生まれ。陸軍中尉。歩兵第一連隊付き。皇道派青年将校の中心となり,昭和11年の二・二六事件で機関銃隊をひきいて首相官邸を襲撃。軍法会議で死刑判決をうけ,同年7月12日処刑された。29歳。島根県出身。陸軍士官学校卒。
【格言など】余万斛(ばんこく)の怨みを呑み,怒りを含んで斃(たお)れたり(辞世)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

栗原安秀の関連キーワード一木儀一伊藤孝次犬塚太郎佐村益雄高橋太郎立野徳治郎田中勝対馬勝雄丹生誠忠林八郎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone