コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

栗原安秀 くりはら やすひで

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

栗原安秀 くりはら-やすひで

1908-1936 昭和時代前期の軍人。
明治41年11月17日生まれ。陸軍中尉。歩兵第一連隊付き。皇道派青年将校の中心となり,昭和11年の二・二六事件で機関銃隊をひきいて首相官邸を襲撃。軍法会議で死刑判決をうけ,同年7月12日処刑された。29歳。島根県出身。陸軍士官学校卒。
【格言など】余万斛(ばんこく)の怨みを呑み,怒りを含んで斃(たお)れたり(辞世)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

栗原安秀の関連キーワード11月17日二・二六事件中島 莞爾磯部 浅一対馬 勝雄中島莞爾対馬勝雄林 八郎磯部浅一林八郎

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android