栗原恵(読み)くりはら めぐみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

栗原恵 くりはら-めぐみ

1984- 平成時代の女子バレーボール選手。
昭和59年7月31日生まれ。ポジションはウイングスパイカー,身長186cm。小学4年でバレーボールをはじめる。三田尻女子高(現・誠英高)では1年から活躍,インターハイ・国体・春高バレーの高校3冠をはたす。高校3年で全日本代表となる。平成15年NECレッドロケッツ入団。16年アテネ五輪に出場して5位入賞。同年NECを退団してパイオニアレッドウイングスに入団した。17-18年シーズンVリーグ(現プレミアリーグ)ではパイオニアの優勝貢献し,最高殊勲選手賞(MVP)・サーブ賞・ベスト6賞に選ばれた。20年北京五輪で活躍,5位入賞に貢献。22年世界選手権に出場して銅メダルを獲得。ロシアスーパーリーグのディナモ・カザンをへて,24年岡山シーガルズへ移籍。26年日立リヴァーレへ移籍。広島県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

栗原恵の関連情報