コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加山又造 かやま またぞう

7件 の用語解説(加山又造の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

加山又造

日本画家。京都生。京美工・東美校卒。山本丘人に師事。日本芸術大賞・芸術選奨文部大臣賞・第一回美術文化振興協会賞受賞。多摩美大教授・東京芸大教授。創画会会員。文化功労者文化勲章受章。平成16年(2004)歿、76才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かやま‐またぞう〔‐またザウ〕【加山又造】

[1927~2004]日本画家。京都の生まれ。東京美術学校卒。多摩美大・東京芸大教授。創画会創立会員。山本丘人に師事。装飾的な作風で知られる。文化勲章受章。作に「冬」「千羽鶴」「月光波濤」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

加山又造【かやままたぞう】

日本画家。京都市生れ。1949年東京美術学校卒業後,山本丘人に師事。馬,シカなどを主題に鋭角的,装飾的な画面を構成,人間不在の画面に孤独と憂愁を描出した。1956年新制作協会会員。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加山又造 かやま-またぞう

1927-2004 昭和後期-平成時代の日本画家。
昭和2年9月24日生まれ。父は西陣織の衣裳染織図案家。山本丘人(きゅうじん)に師事。新制作協会展を中心に活躍し,琳派(りんぱ)の技法を現代にいかした作風が注目される。のち裸婦,水墨画にもとりくむ。昭和48年日本芸術大賞。49年創画会の結成に参加。55年芸術選奨。多摩美大教授をへて63年母校東京芸大の教授。平成9年文化功労者。10年京都天竜寺法堂の天井画「雲竜図」を完成。15年文化勲章。平成16年4月6日死去。76歳。京都出身。作品に「千羽鶴」「月光波濤」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

かやままたぞう【加山又造】

1927~2004) 日本画家。京都市生まれ。東京美術学校卒。多摩美大・東京芸大教授。1951年(昭和26)以降、新制作展新作家賞を四度受賞。装飾性に富む斬新・華麗な作風で、多彩な創造活動を行い、日本画に新境地を開いた。創画会創立会員。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

加山又造
かやままたぞう

[生]1927.9.24. 京都
[没]2004.4.6. 東京
日本画家。父は西陣織の図案家。 1944年京都市立美術工芸学校日本画科を卒業。 1949年東京美術学校日本画科を卒業。山本丘人に師事。新制作協会展に出品し,1951,1954,1955年と新作家賞を受け,1956年会員となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

加山又造
かやままたぞう
(1927―2004)

日本画家。京都に生まれる。1949年(昭和24)東京美術学校(現東京芸術大学)を卒業、山本丘人(きゅうじん)に師事。創造美術展、続いて新制作展に出品し、53年から3年連続して新作家賞を受賞、56年に新制作協会会員になる。58年にグッゲンハイム美術賞展で受賞。73年には日本芸術大賞を受けた。翌年、創画会創立に加わって会員になった。また1966年から多摩美術大学教授、88年からは東京芸術大学教授として後進を指導した。自然や動物を装飾化して心象をにじませる作風から出発し、現代的な女性美、光琳(こうりん)風の構成美など「現代の琳派(りんぱ)」と称され、新たな表現を求めて変貌(へんぼう)を重ねた。また、水墨画にも意欲を示し、1984年山梨県・身延山久遠寺(みのぶさんくおんじ)大本堂に天井画『墨龍』と水鳴楼の襖絵(ふすまえ)16面を、97年(平成9)には京都市・天龍寺法堂に天井画『雲龍』を完成させた。同年文化功労者、2003年文化勲章受章。東京芸術大学名誉教授。平成16年4月6日死去。[原田 実・二階堂充]
『『加山又造――装飾の世界』(1979・京都書院) ▽『加山又造素描集 裸婦20姿』(1979・座右宝刊行会) ▽谷川徹三他監修『現代日本画全集第17巻 加山又造』(1980・集英社) ▽『加山又造 裸婦』(1983・学習研究社) ▽『加山又造全版画集1955―1984』(1984・平凡社) ▽『身延山久遠寺大本堂建立記念加山又造天井画展』(1984・読売新聞社) ▽『加山又造全集』全5巻(1989~90・学習研究社) ▽岩崎吉一編『現代の日本画11 加山又造』(1991・学習研究社) ▽『加山又造全版画 カタログ・レゾネ1991』(1991・講談社) ▽『加山又造 日経ポケットギャラリー』(1992・日本経済新聞社) ▽『白い画布――私の履歴書』(1992・日本経済新聞社) ▽野地耕一郎編『現代日本素描全集8 加山又造』(1992・ぎょうせい) ▽『加山又造の日本画 アート・テクニック・ナウ9』増補新版(1994・河出書房新社) ▽『無限の空間』(1994・小学館) ▽『加山又造屏風絵集成』(1994・小学館) ▽加山又造・前本ゆふ著『ゆふ 画文集』(中公文庫) ▽弦田平八郎編『アート・ギャラリー・ジャパン 20世紀日本の美術10 加山又造・横山操』(1986・集英社) ▽岩崎吉一著『近代日本画の光芒』(1995・京都新聞社) ▽平山郁夫著『対話 日本文化とこころ』(1996・実業之日本社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

加山又造の関連キーワード天田昭次川村勇白土吾夫田中勝宣夏目晴雄林茂夫福田甲子雄正森成二松田修山口光秀

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

加山又造の関連情報