コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鈴木志郎康 すずき しろうやす

2件 の用語解説(鈴木志郎康の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鈴木志郎康 すずき-しろうやす

1935- 昭和後期-平成時代の詩人。
昭和10年5月19日生まれ。NHKカメラマンをへて,平成2年多摩美大教授。「凶区」同人となり,猥雑な言語,ナンセンス言葉を多用した作品で注目された。昭和43年詩集「缶製同棲又は陥穽への逃走」でH氏賞。平成14年「胡桃ポインタ」で高見順賞。20年「声の生地」で萩原朔太郎賞。東京出身。早大卒。本名は康之。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鈴木志郎康
すずきしろやす
(1935― )

詩人、映像作家、評論家。東京・亀戸(江東区)に生まれる。本名鈴木康之。東京大空襲(1945年3月10日)を体験、福島県の疎開先で終戦。1946年(昭和21)2月焼け跡の亀戸に戻る。61年早稲田(わせだ)大学仏文科卒業。61年から77年までNHKのテレビ・カメラマンとして勤務。1960年代詩人の拠点であった詩誌『凶区(きょうく)』同人。高野民雄(1938― )と『青鰐(あおわに)』を創刊。67年、NHK広島局勤務時に書いた詩集『罐製同棲(かんせいどうせい)又は陥穽(かんせい)への逃走』(H氏賞)により、プアプア詩人として一躍有名になる。「プアプア」という女性を戦略的モチーフにして戦後詩にみられた観念性の剥奪(はくだつ)を極限まで押し広げ、「極私的」なるキーワードを定着させた。言語イメージを過激なまでに切断・合体させる魚眼レンズ的視野と映像編集的な手法でもって、猥雑(わいざつ)で平凡な日常風景や身体性を異化・再構成した。註(ちゅう)付きの饒舌(じょうぜつ)な詩集としても当時斬新(ざんしん)であった。70年代からは平明、明瞭(めいりょう)な詩風に推移していく。詩集は多く、おもなものとして『新生都市』(1963)、『やわらかい闇(やみ)の夢』(1974)、『見えない隣人』(1976)、『わたくしの幽霊』(1980)、『融点ノ探求』(1983)、『身立ち魂(たま)立ち』(1984)、『少女達の野』(1989)、『遠い人の声に振り向く』(1992)、『石の風』(1996)、『胡桃(くるみ)ポインタ』(2001。高見順賞)などがある。詩業のほかに、『Oh today 嘔吐泥(おうとでい)』(1971)、『闇包む闇の煮凝(にこご)り』(1975)、『息抜き、光』(1985)などの小説集、さらにルポルタージュ『おじいさん・おばあさん』(1982)もある。評論活動も旺盛(おうせい)で、『純粋身体』(1972)、『極私的現代詩入門』(1975)、『穂先を渡る』(1980)、『映画の弁証――性と欲望のイメージ』(1982)、『メディアと「私」の弁証』(1984)、『映画素志――自主ドキュメンタリー映画私見』(1994)など優れた著作が多数ある。また一方で、伊藤比呂美(ひろみ)(1955― )、ねじめ正一(1948― )、川口晴美(1962― )など新人の発掘、後進育成にも力があった。82年から94年(平成6)まで早稲田大学文学部文芸科で講師。1966年ごろから「個人映画」を手がけ、映像作家としての評価も高い。代表作『風の積分』(16ミリ)など公立美術館などでも企画上映されてきた。東京造形大学、イメージフォーラム付属映像研究所などの講師も長らく務め、90年からは多摩美術大学美術学部教授。メディア意識の旺盛な詩人で、96年には、いち早くホームページを開設してエッセイや詩を掲載している。[高橋世織]
『『新生都市』(1963・新芸術社) ▽『罐製同棲又は陥穽への逃走』(1967・季節社) ▽『Oh today 嘔吐泥』(1971・青土社) ▽『純粋身体』(1972・思潮社) ▽『やわらかい闇の夢』(1974・青土社) ▽『現代詩文庫22 鈴木志郎康詩集』『現代詩文庫121 続・鈴木志郎康詩集』(1969、94・思潮社) ▽『闇包む闇の煮凝り』(1975・大和書房) ▽『極私的現代詩入門』(1975・思潮社) ▽『見えない隣人』(1976・思潮社) ▽『家の中の殺意』(1979・思潮社) ▽『わたくしの幽霊』(1980・書肆山田) ▽『穂先を渡る』(1980・思潮社) ▽『新選現代詩文庫 鈴木志郎康』(1980・思潮社) ▽『おじいさん・おばあさん』(1982・筑摩書房) ▽『映画の弁証――性と欲望のイメージ』(1982・フイルムアート社) ▽『融点ノ探求』(1983・書肆山田) ▽『二つの旅』(1983・国文社) ▽『身立ち魂立ち』(1984・書肆山田) ▽『いま、詩を書くということ』(1984・思潮社) ▽『メディアと「私」の弁証』(1984・三省堂) ▽『息抜き、光』(1985・書肆山田) ▽『少女達の野』(1989・思潮社) ▽『遠い人の声に振り向く』(1992・書肆山田) ▽『映画素志――自主ドキュメンタリー映画私見』(1994・現代書館) ▽『石の風』(1996・書肆山田) ▽『胡桃ポインタ』(2001・書肆山田) ▽佐久間隆史著『詩学序説――詩の崩壊と再建』(1998・花神社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鈴木志郎康の関連キーワード会田千衣子高良留美子城侑正津勉田中清光月村敏行鶴岡善久寺門仁河野道代池井昌樹

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鈴木志郎康の関連情報