コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

根本的経験論 こんぽんてきけいけんろんradical empiricism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

根本的経験論
こんぽんてきけいけんろん
radical empiricism

アメリカのプラグマティズムの指導的哲学者 W.ジェームズの遺著『根本的経験論』 Essays in Radical Empiricism (1912) のなかで展開されている実用主義的経験論。ほかの経験論が一般に「もの」だけの現実性を主張するのに対して,ジェームズは「もの」と「もの」との間の関係もまた現実であり経験されるものであるとした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

根本的経験論の関連キーワードジェームズ(William James)純粋経験

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android