コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

格古要論 かっこようろんGe-gu-yao-lun

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

格古要論
かっこようろん
Ge-gu-yao-lun

明代の曹昭が撰述した美術工芸品の評論書。洪武 20 (1387) 年全3巻が刊行され,景泰7 (1456) 年王佐に,また天順3 (1459) 年黄正位によって増補されて 13巻となった。古今の楽器,墨跡漆器銅器,陶器,染織などの名宝について論評したもので,中国美術工芸史の研究上貴重な文献。『叢書集成初編』などに所収

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

格古要論の関連キーワード考槃余事吉州窯

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android