格子祝(読み)こうしいわい

  • こうしいわい カウシいはひ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 江戸時代、大坂地方の遊郭で、遊女が客の来ない時、客のつくまじないとして店の近くを散歩すること。
※浄瑠璃・心中重井筒(1707)中「あんまり余所が賑かさに、かうしいはひに出ましたといひすて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android