心中重井筒(読み)シンジュウカサネイヅツ

デジタル大辞泉の解説

しんじゅうかさねいづつ〔シンヂユウかさねゐづつ〕【心中重井筒】

浄瑠璃。世話物。3巻。近松門左衛門作。宝永4年(1707)大坂竹本座初演とされる。お房と徳兵衛との心中事件を脚色したもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

しんじゅうかさねいづつ【心中重井筒】

人形浄瑠璃。世話物。3巻。近松門左衛門作。1707年(宝永4)末,大坂竹本座初演。1704年に大坂万年町の紺屋徳兵衛と六軒町重井筒屋の遊女が心中した事件に取材。大坂万年町の紺屋の入婿徳兵衛は,実家の色茶屋重井筒屋の抱え女郎お房と馴染みを重ねていた。そのお房の危難を救う金を工面するため,計略をかまえて養家を担保に銀を借りたが,妻のお辰の貞節に心打たれ,事実を明かして銀を返した。お房は約束の時刻に徳兵衛が姿を見せぬため自害しようとしたが,家人に発見された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しんじゅうかさねいづつ【心中重井筒】

浄瑠璃。世話物。近松門左衛門作。1707年初演。通称「お房徳兵衛」。大坂万年町の紺屋の養子徳兵衛は実兄の営む六軒町の色茶屋重井筒のお房と深く契ったが、金に詰まって高津の大仏殿勧進所で心中する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しんじゅうかさねいづつ シンヂュウかさねゐづつ【心中重井筒】

浄瑠璃。世話物。三巻。近松門左衛門作。宝永四年(一七〇七)大坂竹本座初演。大坂の紺屋の養子徳兵衛と実兄の経営する色茶屋重井筒の遊女お房との心中事件を脚色。歌舞伎化され、道行舞踊としても行なわれた。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android