コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

格子間原子 こうしかんげんしinterstitial atom

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

格子間原子
こうしかんげんし
interstitial atom

結晶において,原子が正規の格子点を離れ,格子点の間に位置したもの。格子欠陥の1種。格子点にある原子が格子間原子になると空格子点が生じる。空格子点と格子間原子の1対をフレンケル欠陥と呼ぶ。電気伝導などの物理的性質に寄与する。格子間原子は熱的ゆらぎによって生じるが,放射線照射などによってもつくられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の格子間原子の言及

【格子欠陥】より

…格子欠陥には点状,線状,面状のものがある。点状の欠陥としては,本来の原子の種類と異なる不純物原子の存在,正規の格子点から原子が抜けてしまっている空格子点,正規の格子点でない位置に原子が入り込んだ格子間原子があり,線状の欠陥としては塑性変形に関与する転位がある。また,面状の格子欠陥としては,多結晶の粒界,結晶面の積重なり方の欠陥などがある。…

※「格子間原子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

格子間原子の関連キーワードフレンケリ割込み原子原子空孔刃状転位

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android