コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桂文治(8世) かつらぶんじ[はっせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

桂文治(8世)
かつらぶんじ[はっせい]

[生]1883
[没]1955
落語家。本名山路梅吉。6世桂文治の養子。 1922年襲名。歯切れのよい江戸弁と義太夫語り仕込みの噺で知られた。晩年は落語協会会長をつとめ,根岸の文治と呼ばれた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

桂文治(8世)の関連キーワード[各個指定]工芸技術部門[各個指定]芸能部門斎藤寅次郎新藤兼人コーマン野村芳太郎久松静児マキノ雅広森一生川島雄三

今日のキーワード

荒らげる

[動ガ下一][文]あらら・ぐ[ガ下二]声や態度などを荒くする。荒々しくする。「言葉を―・げる」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「声をあららげる」を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android