コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桂文治(6世) かつらぶんじ[ろくせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

桂文治(6世)
かつらぶんじ[ろくせい]

[生]天保14(1843)
[没]1911
落語家。4世桂文治の長男。万延2 (1861) 年3世桂文楽を継承,慶応2 (66) 年6世文治となった。道具入り芝居噺が得意。『上野の戦争』『桜田の雪』『高橋お伝』など実録物も手がけた。桂派正統の噺の伝承に貢献。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

桂文治(6世)の関連キーワード牧野省三ライト桂太郎内閣ランデールアメリカ合衆国史(年表)桂文治(6代)フェリス(父子)岩石区エクソンモービル河上肇

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android