コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桂文治(6世) かつらぶんじろくせい

1件 の用語解説(桂文治(6世)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

桂文治(6世)
かつらぶんじろくせい

[生]天保14(1843)
[没]1911
落語家。4世桂文治の長男。万延2 (1861) 年3世桂文楽を継承,慶応2 (66) 年6世文治となった。道具入り芝居噺が得意。『上野の戦争』『桜田の雪』『高橋お伝』など実録物も手がけた。桂派正統の噺の伝承に貢献。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

桂文治(6世)の関連キーワード桂太郎内閣桂文治(6代)フェリス(父子)岩石区スバル小森桃塢平田篤胤墓アヘン戦争天保の改革観世華雪

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone