コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桂文治(6世) かつらぶんじろくせい

1件 の用語解説(桂文治(6世)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

桂文治(6世)
かつらぶんじろくせい

[生]天保14(1843)
[没]1911
落語家。4世桂文治の長男。万延2 (1861) 年3世桂文楽を継承,慶応2 (66) 年6世文治となった。道具入り芝居噺が得意。『上野の戦争』『桜田の雪』『高橋お伝』など実録物も手がけた。桂派正統の噺の伝承に貢献。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

桂文治(6世)の関連キーワード頼梅颸長治祐義藤谷為脩琴樹園二喜エヌ没・歿勃・歿・没大塚太蔵桂文団治(初代)天保銭人

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone