コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桂皮アルデヒド(読み)けいひあるでひど(英語表記)cinnamic aldehyde

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

桂皮アルデヒド
けいひあるでひど
cinnamic aldehyde

芳香族不飽和アルデヒドの一種。(E)-3-フェニルプロペナールともいう。シナモンの香りの成分であり、カシアの葉・桂皮に多く含まれているほか、パッチュリ油などの植物精油中にも存在する。化学式C6H5-CH=CH-CHO、分子量132.2。ニッケイのにおいが強い黄色の液体。沸点252℃(一部分解する)。エタノール(エチルアルコール)、エーテルなどの有機溶媒に溶ける。菓子、せっけんなどの香料としての用途をもつ。[廣田 穰]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android