コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エーテル エーテルether

翻訳|ether

8件 の用語解説(エーテルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エーテル
ether

古代ギリシア時代から 20 世紀初頭までの間に想定されていた全世界を満たす1種の物質。古代ギリシアの哲学者アリストテレス地水火風に加えてエーテルを第5の元素とし,天体の構成要素とした。近代では全宇宙を満たす希薄な物質とされ,ニュートン力学ではエーテルに対し静止する絶対空間の存在が前提とされた。また光や電磁波の媒質とも考えられた。 19世紀末,マイケルソン=モーリーの実験でエーテルに対する地球の運動は見出されなかった。この結果からローレンツ収縮の仮説を経て,ついに 1905年 A.アインシュタインが特殊相対性理論を提唱し,エーテルの存在は否定された。

エーテル
ether

(1) エチルエーテルの通称。 (2) 2個の炭化水素残基 R ,R' が酸素原子に結合した R-O-R' の形をとる化合物の総称。 R ,R' が同じものを単一エーテル,異なるものを混成エーテルという。たとえば R と R' が C2H5 のエチルエーテルは単一エーテル,R が C6H5 ,R' が CH3 のフェニルメチルエーテル (アニソール ) は混成エーテルである。脂肪族エーテルは天然には存在せず,アルコールから合成する。芳香族エーテルは植物中に存在する。一般にエーテルは快香のある無色の液体であるが,分子量の大きいものは結晶となる。水にはあまり溶けないが,有機溶媒にはよく溶ける。多くの有機試薬,アルカリに対しては安定であるが,濃硫酸,ヨウ化水素などにより分解される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

エーテル(〈オランダ〉ether)

2個の炭化水素基が酸素原子1個と結合した化合物の総称。一般に中性で芳香のある揮発性の液体。特に、エチルエーテルをいう。
光の波動説で光を伝える媒質として仮想され、光の電磁波説以後は電磁波の媒質とされた物質。相対性理論によって空間自体を電磁波の媒質とみなせばよいことがわかり、その存在は否定された。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

栄養・生化学辞典の解説

エーテル

 化学的にはR-O-Rエーテル結合をもつ化合物をいうが,狭義にジエチルエーテルを指す場合が多い.

出典|朝倉書店
栄養・生化学辞典について | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

エーテル

ロールプレイングゲーム「ファイナルファンタジーシリーズで使用されるアイテム。MP(魔力)を回復する。同様の効果があるアイテムはほかにエーテルターボ、ハイエーテルなど。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

エーテル【ether】

元来はギリシアの自然学における概念。月より下の世界を構成する原質としての土,水,空気,火に対して,天体の世界を構成する原質が〈アイテルaithēr〉と呼ばれた。つまり,真空を認めないギリシア的自然観にあっては,天体の世界にはアイテル(エーテル)が充満していると考えられた。こうした着想は,コペルニクス,ガリレイ,ケプラーら近代初期の自然学者にまで受け継がれている。デモクリトスに発する原子論の系譜のみが,このエーテルの存在を否定していた。

エーテル【ether】

炭素‐酸素‐炭素結合≡C-O-C≡(エーテル結合)を有する有機化合物の総称。狭義にはジエチルエーテルC2H5OC2H5の略称にも用いられる。エーテルの語はギリシア語の,天空にみなぎる霊気を意味するaithērに由来し,古くは光,熱などを伝える媒体として仮想的に考えられた媒質の名称に用いられた。
[分類]
 エーテルは一般式R-O-R′(R,R′はアルキル基またはアリール基)で表される。R=R′のものを対称エーテル(単一エーテル),R≠R′のものを非対称エーテル(混成エーテル)とよぶ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

エーテル【ether】

二個のアルキル基が酸素原子によってつながれた構造をもつ有機化合物の総称。一般に中性で芳香のある液体。
のうち特に、ジエチルエーテル (C2H52O をいう。特異な芳香をもち揮発性と麻酔性のある引火性液体。有機溶媒として用いられる。エチルエーテル。エトキシエタン。
かつて、光の波を伝える媒質として仮想されていた物質。一九世紀末、マイケルソン-モーリーの実験によって否定された。 〔「亜的児」とも当てた〕

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のエーテルの言及

【エーテル】より

…炭素‐酸素‐炭素結合≡C-O-C≡(エーテル結合)を有する有機化合物の総称。狭義にはジエチルエーテルC2H5OC2H5の略称にも用いられる。エーテルの語はギリシア語の,天空にみなぎる霊気を意味するaithērに由来し,古くは光,熱などを伝える媒体として仮想的に考えられた媒質の名称に用いられた。
[分類]
 エーテルは一般式R-O-R′(R,R′はアルキル基またはアリール基)で表される。R=R′のものを対称エーテル(単一エーテル),R≠R′のものを非対称エーテル(混成エーテル)とよぶ。…

【運動】より

…すなわち(1)~(3)式はガリレイ変換に対して不変である。一方電磁気学の場の概念の確立に伴い,場の担い手つまり媒質としてエーテルの存在が当然のこととして信じられるようになった。このエーテルは,恒星に対して固定した座標系で静止しており,物体がその中を運動してもそれにひきずられることなく,光はその中をc=2.99×108m/sの速度で伝わるとして多くの事実が説明できることがわかった。…

【虚空】より

…サンスクリットのアーカーシャākāśaの漢訳で,一般に大空,空間,間隙などを意味するが,古来インド哲学では万物が存在する空間,あるいは世界を構成する要素,実体として重要な概念の一つである。地・水・火・風の〈四大〉に虚空を加えて五元素ともいわれ,これに五感(香・味・色・触・声)を関連づけるサーンキヤ学派やバイシェーシカ学派の思想のもとでは虚空が聴覚と結びつき,音声は虚空の属性とされた(西洋哲学の〈エーテル〉の概念に相当)。仏教では〈六界〉の一つ(空界)とする一方,実在論的な部派では不生不滅の常住な存在(無為法)に高めた。…

【局所麻酔薬】より

…これらコカインおよびコカイン代用薬が狭義の局所麻酔薬であり,真性局所麻酔薬とも呼ばれるが,次のようなものも広義には局所麻酔薬に含まれる。すなわち,(1)エーテル,クロロホルムなど本来は全身麻酔薬であるが局所麻酔作用を有するもの,(2)疼痛性麻酔薬 石炭酸(フェノール),メントール,キニーネなど局所に投与すると,初めは知覚神経刺激による疼痛を生ずるが,後に麻痺を起こすもの,(3)寒冷麻酔薬 沸点の低いエーテル,クロロホルム,クロルメチルなど気化熱を奪うことによって局部凍結をきたし知覚を鈍化させるもの,などである。麻酔【福田 英臣】。…

※「エーテル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

エーテルの関連情報