コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カシア カシア cassia

翻訳|cassia

4件 の用語解説(カシアの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

カシア(cassia)

クスノキ科の常緑高木。葉は光沢があり、花は黄白色。夏、小粒の実ができる。中国・インドシナの原産。樹皮を乾燥させたものは、シナモンより香りが強く、菓子、料理の香味料として用い、また、漢方では桂皮といい、薬用。東京(トンキン)肉桂。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

カシア【cassia】

トンキンニッケイ(東京肉桂),ケイ(桂)ともいう。クスノキ科常緑樹。樹高15m。葉は長さ12~15cm,つやのある緑色で,3本の葉脈がめだつ。小型の黄白色の花が小枝に多数つき,小粒の果実がみのる。中国南部やインドシナ半島に自生し,栽培もされる。枝や幹を切り外皮を去って,内皮だけをはいで乾燥したものもカシアといい,シナモンの代用とする。ときにはシナモンと称して売られることもある。菓子や料理にスパイスとして用いる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

カシア【Cassia】

クスノキ科の常緑高木。ニッケイの一種。中国南部からインドシナにかけて分布。樹皮から香辛料を採る。東京トンキン肉桂。桂けい。 → 桂皮

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カシア
かしあ
cassia
[学]Cinnamomum cassia Bl.

クスノキ科の常緑高木。中国南部、インドシナ原産。高さ約12メートル、葉は表面に光沢があり3本の葉脈が目だつ。小さい黄白色の花が小枝に群がってつき、夏小粒の果実が実る。近縁のシナモンに比べると果実が小粒で、花期後も花被(かひ)が付着していることがあるのが特徴である。また同じく近縁のニッケイよりも果実が小さいが樹高はやや高い。カシアは別名トンキンニッケイといい、日本ではこれがシナモン(セイロンニッケイ)の代用品とされ、一般に肉桂(にっけい)、シナモンと称されて売られている。[星川清親]

食品

樹皮の外側を発酵させ、取り除かずに乾燥したものを別名肉桂、ニッキともよび、香味づけに使われる。さわやかな清涼感と甘味な香りに刺激性の甘味が溶け合った独得の風味を有する。成分は桂皮アルデヒド、オイゲノール、リナロールなどである。薬用にもされる。主成分の桂皮アルデヒドの含有量はシナモンの倍ぐらいあるので香りも強い。京都名物の八ツ橋や、ケーキ、ドーナツ、プディング、アップルパイなどには欠かせない香辛料である。また辛い料理にも広く使われ、カレー料理のたいせつな香味の一つでもある。[齋藤 浩]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のカシアの言及

【香料】より

… さて雲南から中国南部,ベトナム北部にかけての肉桂種がある。キンナモムム・カシアCinnamomum cassiaを中心とし,シナ肉桂(カシア)と通称するものである。中国人が百薬の王者として認めたものであるが,彼らの使用は紀元前後からである。…

【ニッケイ(肉桂)】より

…【緒方 健】【新田 あや】。。…

【香料】より

…こうしてヨーロッパ人による大航海時代が展開されたのであるが,すべては南アジアのスパイス獲得と支配から出発したのであった。 と言えば簡単なようであるが,紀元前の古代オリエントとエジプトが,アラビア南部と東アフリカ奥地とつながりがあったのは,乳香没薬(もつやく)と実体不明の肉桂(シナモン,カシア)のためである。紀元前後にローマ人,ギリシア人が,インド洋のモンスーンを利用しインド渡海を敢行したのは,胡椒を中心とするインドの薬物,化粧料,木綿,中国の絹などの獲得のためであった。…

【ニッケイ(肉桂)】より

…また葉からは丁子油に似た桂葉油が得られ,香料,薬用に用いる。中国南部からインドシナにあるカシア(ケイ)C.cassia Bl.からも良質の桂皮cassia barkが得られ,生薬ではこれがよく用いられる。中国では桂枝(径1cm以下の枝)と肉桂(厚い樹皮)が使われたが,日本では区別せずに比較的薄い樹皮を桂皮と称する。…

※「カシア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

カシアの関連キーワードニッケイ(肉桂)肉桂色珪ニッケル鉱桂皮桂皮油トンキン肉桂肉桂肉桂油藪肉桂

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カシアの関連情報