コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エチルアルコール エチルアルコールethyl alcohol

翻訳|ethyl alcohol

7件 の用語解説(エチルアルコールの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エチルアルコール
エチルアルコール
ethyl alcohol

エタノールともいう。化学式 C2H5OH 。各種アルコール飲料に含まれているため,酒精とも呼ばれる。日本酒 15%,ビール2~6%,ウイスキーには 35~43%含まれる。デンプン,糖の発酵によって生成され,副生成物としてフーゼル油を生じる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

エチルアルコール(〈ドイツ〉Äthylalkohol)

糖類アルコール発酵によって生成する無色で芳香性のある液体。揮発性が強く燃えやすい。酒類主成分。日本酒で15~16パーセントぶどう酒で7~14パーセント、ビールで3~4パーセント、ウイスキーなどの蒸留酒で35~55パーセント含まれる。また、不凍剤・医薬品などに使用。分子式C2H6O 示性式CH3CH2OH アルコール。酒精。エタノール。
[補説]近年、ガソリンなどに代わる自動車燃料として注目され、研究が進んでいる。→バガスバイオエタノール

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

エチルアルコール

化学式はCH3CH2OH。エタノール,酒精,また単にアルコールとも。芳香のある無色の液体。融点−114.5℃,沸点78.32℃。水,有機溶媒と任意の割合に混ざる。
→関連項目アルコール殺菌剤メチルアルコール

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

エチルアルコール【ethyl alcohol】

単にアルコールとよばれることが多く,またエタノールethanolともいわれる。化学式C2H5OH。各種のアルコール飲料に含まれているので酒精spirit of wineともいう。酒として有史以前から人類に親しまれていたが,酒酔いの原因であることが確かめられたのは15世紀である。
[性質]
 揮発性で,特異な芳香と味をもつ無色の液体。麻酔性がある。融点-114.5℃,沸点78.32℃,比重0.79(30℃)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エチルアルコール
えちるあるこーる

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のエチルアルコールの言及

【アルコール】より

…ベンゼン核のような芳香核に直接水酸基が結合したものはフェノールと総称され,アルコールとは区別される。エチルアルコールC2H5OHを単にアルコールと略称することが多い。アルコールという名はアラビア語に由来し,alは定冠詞,kuḥlは微粉末を意味する。…

※「エチルアルコール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

エチルアルコールの関連キーワード脱水示性式示性式縮合加水分解示性式アルコールエチルエタノール示性式

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

エチルアルコールの関連情報