コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桐生六郎 きりゅう ろくろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桐生六郎 きりゅう-ろくろう

?-1183 平安時代後期の武士。
下野(しもつけ)(栃木県)の豪族足利氏の郎等。治承(じしょう)4年源頼政(よりまさ)との合戦で足利忠綱(ただつな)に宇治川先陣をとげさせる。寿永2年和田義茂(よしもち)が忠綱の父俊綱(としつな)の追討にむかうと,主人の俊綱を討ちその首を鎌倉方にさしだした。その不忠な行いのために同年源頼朝に誅殺(ちゅうさつ)された。姓は切宇とも。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

桐生六郎の関連キーワード足利俊綱

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android