桐谷天香(読み)きりや てんこう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桐谷天香 きりや-てんこう

1896-1929 大正-昭和時代前期の染色家。
明治29年生まれ。日本画家桐谷洗鱗(せんりん)の妹。大正15年に兄とともに欧米を旅行。帰国後東京の武蔵野(むさしの)高女につとめるかたわら,天香更紗(サラサ)を考案。昭和2年帝展美術工芸部で壁掛け「林間静遊」が入選した。昭和4年1月29日死去。34歳。新潟県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android