桑幡公幸(読み)くわはた きみゆき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桑幡公幸 くわはた-きみゆき

1856-1931 明治-昭和時代前期の神職,書家。
安政3年7月20日生まれ。大隅(おおすみ)(鹿児島県)国分郷の鹿児島神宮宮司。明治20年宮司を辞し,南洲と号して西郷隆盛(南洲)の書をよく模写した。書に「南洲書」としるしたため,のち真贋(しんがん)騒動をまきおこしている。昭和6年12月16日死去。76歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android