コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桛木 カセギ

デジタル大辞泉の解説

かせ‐ぎ【×桛木】

桛(かせ)1」に同じ。
木の枝をYの字形に切ったもの。傾くものを支えたり、さおの先につけて、物を高い所へ押し上げたりするのに用いる。
紋所の名。桛を図案化したもの。かせ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かせぎ【桛木】

かせ 」に同じ。
木の、またになった所。 「あやまたず-に射てけり/著聞 20
木のまたを利用して Y 字型に作り、傾く物を支えたり、高い所へ物を押し上げたりするのに使う道具。
家紋の一。を図案化したもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

桛木の関連キーワード桛・綛字形家紋鹿