桜井元憲(読み)さくらい もとのり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桜井元憲 さくらい-もとのり

?-1869 幕末の武士。
安芸(あき)広島藩士。慶応3年世子浅野長勲(ながこと)にしたがい京都にゆき,王政復古により参与となる。翌年帰藩し,参政兼郡督となった。明治2年5月10日死去。通称は与四郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android