コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桜井恒次郎 さくらい つねじろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桜井恒次郎 さくらい-つねじろう

1872-1928 明治-大正時代の解剖学者。
明治5年3月17日生まれ。35年ドイツに留学。帰国後,九州帝大教授となる。解剖学の立場から「桜井体操」とよばれる学校体操を考案し,普及させた。昭和3年8月25日死去。57歳。兵庫県出身。東京帝大卒。著作に「新撰(しんせん)解剖学」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

桜井恒次郎の関連キーワード大正時代明治