コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桜井秀 さくらい しげる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桜井秀 さくらい-しげる

1885-1942 明治-昭和時代前期の風俗史家。
明治18年9月4日生まれ。39年関保之助,宮本勢助(せいすけ)らと風俗史の研究会をつくる。東京帝大史料編纂所員,宮内省図書寮御用掛などを歴任し,その間「日本風俗史」「風俗史の研究」などを発表した。昭和17年12月13日死去。58歳。東京出身。国学院卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

桜井秀の関連キーワードサマーヌード永平寺明治

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android