コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桜井絹江 さくらい きぬえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桜井絹江 さくらい-きぬえ

1929- 昭和後期-平成時代の労働問題研究家。
昭和4年1月9日生まれ。54年婦人労働問題研究会にくわわり,「女性労働問題研究」編集員をへて事務局長となる。労働運動総合研究所常任理事,労働者教育協会理事も歴任。埼玉県出身。法大卒。著作に「婦人の賃金と仕事」「母性保護運動史」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

桜井絹江の関連キーワード清水宏斎藤寅次郎稲垣浩マキノ雅広島津保次郎内田吐夢小津安二郎溝口健二五所平之助田坂具隆

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android