コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桜井貞相(読み)さくらいの さだみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桜井貞相 さくらいの-さだみ

?-? 平安時代前期の官吏。
貞観(じょうがん)11年(869)貞雄不麻呂から貞相と名をあらためる。15年本籍を讃岐(さぬき)(香川県)から京都の右京六条一坊にうつす。大判事兼明法(みょうぼう)博士で,元慶(がんぎょう)2年美作権介(みまさかのごんのすけ)をかねた。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

諂う/諛う

[動ワ五(ハ四)]人の気に入るように振る舞う。また、お世辞を言う。おもねる。追従(ついしょう)する。「上司に―・う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android