桜木町事件(読み)さくらぎちょうじけん

世界大百科事典 第2版の解説

さくらぎちょうじけん【桜木町事件】

横浜市桜木町駅で起こった電車火災事故。1951年4月24日,国電京浜東北線桜木町駅の近くで,切れて垂れていた架線が下り電車のパンタグラフにからみついて発火し,1両目が全焼,2両目が半焼,死者106人,重軽傷92人という大惨事となった。車両は旧式の六三型で,鉄骨に木板を張っただけのために燃えやすかった。それに窓にはを打ちつけてあり,非常の際に戸を開ける手動コックの所在も,いたずらされるからと乗客には知らされていなかったので,車両が発火しても乗客は外に脱出することができなかった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

感染症指定医療機関

感染症予防法で規定されている感染症の中で、危険性が高く特別な対応が必要な感染症の患者を治療する医療施設。特定感染症指定医療機関(1・2類感染症および新感染症患者)、第一種感染症指定医療機関(1・2類感...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android