半焼(読み)はんやけ

精選版 日本国語大辞典「半焼」の解説

はん‐やけ【半焼】

〙 (形動)
半分焼けること。また、そのさま。特に、火事で家や物などが半分焼けたさま。はんしょう。
※いたづら小僧日記(1909)〈佐々木邦訳〉「ハンケチを燃し始めたが〈略〉燃えが悪い。けれども兎に角半焼(ハンヤケ)ぐらゐになったから」
食物などがよく焼けていないこと。また、そのさま。なまやけ。
③ (半自棄) なかばやけくそになること。また、そのさま。やけ半分。
※咄本・楽牽頭(1772)仁王「おか目とはちがって、しょしょの見舞に銭を遣て半焼たよ」

はん‐しょう ‥セウ【半焼】

〘名〙 火事で、建物などの半分が焼けること。はんやけ。
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉三「火燄は塁内より驀起して、半焼に及べり」
※街の物語(1934)〈榊山潤〉「火元の家を全焼し、草田さんの家を半焼しただけで」

はん‐やき【半焼】

〘名〙 半分焼くこと。食物などがよく焼けていないこと。なまやき。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「半焼」の解説

はん‐しょう〔‐セウ〕【半焼】

[名](スル)火事で建物などの半分が焼けること。半焼け。「昨夜の火事で工場が半焼した」→全焼

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android