コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梁干渉計 りょうかんしょうけいbeam interferometer

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

梁干渉計
りょうかんしょうけい
beam interferometer

光の干渉を利用して恒星視直径を測定する装置。大反射望遠鏡の前面に長いじょうぶな梁 (ビーム) を鏡面と平行に取付け,その両端に 45°の角度でつけた2個の平面鏡で恒星の光を取入れるところからこの名がある。実際には,この方法は精度が低く,ほかの方法で得られた値のオーダーをチェックするのに用いられる程度である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android