平面鏡(読み)へいめんきょう(英語表記)plane mirror

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

平面鏡
へいめんきょう
plane mirror

反射面が平面である。通常は平面に磨いたガラス表面アルミニウムなどを蒸着してつくられる。日用の鏡は反射膜保護のために透明ガラス板の裏面を反射面とするため濃淡の二重像ができるが,光学器械ではこれを避けるため反射面を表面にした表面鏡を用いることが多い。ガラスの表面に誘電体多層膜を蒸着した平面鏡はレーザー装置によく用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

平面鏡【へいめんきょう】

反射面が平面の。ただ鏡といえばふつうこれをさす。像は実物大虚像で,面対称の位置にある。像と実物とはいわゆる鏡像の関係にあり,大きさは等しいが左右の関係が逆転している。
→関連項目虚像

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

へいめん‐きょう ‥キャウ【平面鏡】

〘名〙 反射面が平面になっている反射鏡。
※改正増補物理階梯(1876)〈片山淳吉〉中「照子に三種の別あり、一を平面鏡として二を凸面鏡三を凹面鏡とす」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報