コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平面鏡 へいめんきょうplane mirror

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

平面鏡
へいめんきょう
plane mirror

反射面が平面である。通常は平面に磨いたガラスの表面にアルミニウム,銀などを蒸着してつくられる。日用の鏡は反射膜保護のために透明ガラス板の裏面を反射面とするため濃淡の二重像ができるが,光学器械ではこれを避けるため反射面を表面にした表面鏡を用いることが多い。ガラスの表面に誘電体多層膜を蒸着した平面鏡はレーザー装置によく用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

へいめん‐きょう〔‐キヤウ〕【平面鏡】

反射面が平面をなす鏡。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

平面鏡【へいめんきょう】

反射面が平面の。ただ鏡といえばふつうこれをさす。像は実物大の虚像で,面対称の位置にある。像と実物とはいわゆる鏡像の関係にあり,大きさは等しいが左右の関係が逆転している。
→関連項目虚像

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

へいめんきょう【平面鏡】

(凹面鏡・凸面鏡に対して)反射面が平らな鏡。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

平面鏡の関連キーワードシュミット(Bernhard Voldemar Schmidt)イブン・アル・ハイサムニュートン式反射望遠鏡マイケルソンの干渉計オートコリメーター鏡(mirror)ベネチア・ガラスジャマンの干渉計光(light)フレネルミラーヘリオスタットシーロスタットシデロスタットナスミス焦点コリメーター太陽観測装置反射望遠鏡グレゴリーガス干渉計天体望遠鏡

今日のキーワード

ヨリトフグ

硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。本州中部以南の各地と世界中の温帯から熱帯域に分布する。フグ科魚類のなかでも分布範囲がもっとも広い種である。体は円滑で小棘(しょうきょく)はなく、体の腹面に多数のしわ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android