視直径(読み)しちょっけい(英語表記)apparent diameter

デジタル大辞泉「視直径」の解説

し‐ちょっけい〔‐チヨクケイ〕【視直径】

天体の見かけの直径を角度で表したもの。角直径。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「視直径」の解説

しちょっけい【視直径 apparent diameter】

天体の形を円とみなして,見かけの大きさを直径で表したもの。角度の単位で測る。太陽,月の視直径はほぼ30分(0.5度)である。の視直径は,マイケルソンの星干渉計,月による掩蔽えんぺい),強度干渉計,スペックル干渉計などで測られている。大きいのがくじら座オミクロン星の0.05秒,いちばん明るいシリウスは0.006秒である。大気を通して見た星像は1秒ほどに広がっているので,望遠鏡でも直接に星の大きさを見ることはできない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android