コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

視直径(読み)しちょっけい(英語表記)apparent diameter

世界大百科事典 第2版の解説

しちょっけい【視直径 apparent diameter】

天体の形を円とみなして,見かけの大きさを直径で表したもの。角度の単位で測る。太陽,月の視直径はほぼ30分(0.5度)である。の視直径は,マイケルソンの星干渉計,月による掩蔽(えんぺい),強度干渉計,スペックル干渉計などで測られている。大きいのがくじら座オミクロン星の0.05秒,いちばん明るいシリウスは0.006秒である。大気を通して見た星像は1秒ほどに広がっているので,望遠鏡でも直接に星の大きさを見ることはできない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しちょっけい【視直径】

天体の見かけの直径を角距離で表したもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android