コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

視直径 しちょっけいapparent diameter

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

視直径
しちょっけい
apparent diameter

天体の両端 2点間の見かけの角度太陽の視直径は 32′,アンドロメダ銀河は約 3°である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

し‐ちょっけい〔‐チヨクケイ〕【視直径】

天体の見かけの直径を角度で表したもの。角直径

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

しちょっけい【視直径 apparent diameter】

天体の形を円とみなして,見かけの大きさを直径で表したもの。角度の単位で測る。太陽,月の視直径はほぼ30分(0.5度)である。の視直径は,マイケルソンの星干渉計,月による掩蔽(えんぺい),強度干渉計,スペックル干渉計などで測られている。大きいのがくじら座オミクロン星の0.05秒,いちばん明るいシリウスは0.006秒である。大気を通して見た星像は1秒ほどに広がっているので,望遠鏡でも直接に星の大きさを見ることはできない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

しちょっけい【視直径】

天体の見かけの直径を角距離で表したもの。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

視直径の関連キーワードアリスタルコス(数学者、天文学者)É.ジャン・マリー ステファンオメガ・ケンタウリ星団さんかく座(三角座)ヒヤデス(散開星団)きょしちょう座47カリフォルニア星雲バーナードループソンブレロ銀河おとめ座銀河団ケンタウルス座カシオペヤ座Aさんかく座銀河ヘリオメーター太陽観測装置トレミー星団ふくろう星雲マゼラン星雲マゼラン雲ホロックス

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

視直径の関連情報