コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梅の下風 うめのしたかぜ

世界大百科事典 第2版の解説

うめのしたかぜ【梅の下風】

歌舞伎俳優の芸談集。6世尾上梅幸著。1930年刊。《演芸画報》に1927年から29年まで連載された芸談を集める。歌舞伎の口伝や多年にわたる見聞から研究した役柄の心得,衣装・鬘・小道具にいたる詳細を,井口政治が記述。音羽屋代々の〈家の芸〉についての芸談はとりわけすぐれ,歌舞伎俳優の必読書であり,研究者にとっても貴重な文献となっている。初版本が非売品であったため,34年再版を刊行。その際,松田青風の《鬘の研究》および諸家26名の追憶談も加えたが,53年にはそれらを削除して復刊されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

梅の下風の関連キーワード尾上 梅幸(6代目)

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android