コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

芸談 ゲイダン

デジタル大辞泉の解説

げい‐だん【芸談】

芸道の秘訣苦心についての話。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

げいだん【芸談】

日本の伝統能の分野において,演技者が自身の技芸に関して語る談話をいう。〈芸話(げいわ)〉〈芸咄(げいばなし)〉ともいう。広義には非公開の口伝や秘伝書を含み,芸に関する話のいっさいを指すが,一般には名優または人気のある花形俳優が公開を前提として話したものを指して用いる。元来〈芸談〉は,その道に通じた聞き手(同時に筆録者)が適切な質問をして,寡黙がちな演技者から話を引き出し,筆録,編集ののち,新聞,雑誌の記事,芸談書などの形で出版するのが常であった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

芸談の関連キーワード鶴沢 勝七(2代目)尾上 梅幸(6代目)佐渡島長五郎(初代)清元延寿太夫(4代)瀬川菊之丞(1世)瀬川菊之丞(初代)梅若万三郎(1世)鶴沢道八(1世)鶴沢道八(初代)宝井馬琴(6代)世阿弥十六部集古今役者論語魁豊嶋弥左衛門染川十郎兵衛藤田 俊一芳沢あやめ山口 広一歌舞妓事始小寺 金七鴻池 幸武

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

芸談の関連情報