芸談(読み)ゲイダン

世界大百科事典 第2版の解説

日本の伝統芸能の分野において,演技者が自身の技芸に関して語る談話をいう。〈芸話(げいわ)〉〈芸咄(げいばなし)〉ともいう。広義には非公開の口伝や秘伝書を含み,芸に関する話のいっさいを指すが,一般には名優または人気のある花形俳優が公開を前提として話したものを指して用いる。元来〈芸談〉は,その道に通じた聞き手(同時に筆録者)が適切な質問をして,寡黙がちな演技者から話を引き出し,筆録,編集ののち,新聞,雑誌の記事,芸談書などの形で出版するのが常であった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 芸能や芸道の秘訣(ひけつ)や修業上の苦心などについての話。
※寄席風俗‐歳晩日記抄(1942)〈正岡容〉「拙作小説『寄席』を中心に、いろいろ芸談が、次々とでる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アルコール依存症

飲酒によって一時的に、不安や緊張感、気分の落ち込みなどが緩和されるが、次第に飲まずにはいられない精神状態になり、同じような酔いを得るための飲酒量が増大していく(耐性)。身に付いてしまった大量頻繁な飲酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

芸談の関連情報