コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

演芸画報 えんげいがほう

3件 の用語解説(演芸画報の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

演芸画報
えんげいがほう

演劇雑誌。 1907年創刊。舞台写真,歌舞伎演出の記録,劇評,脚本などを掲載。 43年,第2次世界大戦中の雑誌統合で廃刊,同年後身誌として『演劇界』が創刊された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

えんげいがほう【演芸画報】

演劇雑誌。1907年1月創刊。43年10月,第2次世界大戦の激化にともなう雑誌統合令により廃刊。《演劇界》(1950創刊)がその後身。初代社長は中田辰三郎関東大震災後は渥美清太郎,安部豊が編集。毎月東西の大小劇場の舞台写真と〈芝居見たまゝ〉など歌舞伎を中心とした評論,芸談,研究など各種の記事を掲載,演劇総合誌として親しまれた。明治末から昭和に至る貴重な演劇資料で,《演芸画報総索引》3冊が作られている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

演芸画報
えんげいがほう

演劇雑誌。1907年(明治40)1月創刊。発行所は演芸画報社。編集は中田辰三郎。創刊号は口絵アート版に続き、脚本、意見、小説、雑録を掲載、娯楽本位であったが、しだいに評論、劇評、演出記録などの研究的なものを収め、かつ一方には文化人や政財界人による楽しい読み物もあるという、万人向きの雑誌となった。歌舞伎(かぶき)を中心に、毎月東西各劇場の舞台写真や劇評を載せているのは演劇資料として貴重であり、また俳優の芸談も参考になることが多い。23年(大正12)関東大震災以後は渥美清太郎(あつみせいたろう)と安部豊(あべゆたか)が編集を担当し、第二次世界大戦中の43年(昭和18)に演劇雑誌の統合により廃刊した。全439冊。78年(昭和53)三一書房から明治年間の69冊が復刻された。また、国立劇場芸能調査室が編集した『演芸画報総索引』全3冊、人物編・作品編・一般編(1974~77・平凡社)は、『演芸画報』閲覧などに必携の書である。[土岐迪子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

演芸画報の関連キーワードしがらみ草紙白樺テアトロ悲劇喜劇文芸倶楽部津村京村早川清演劇新潮少年世界新演芸

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone