コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梅の由兵衛物 うめのよしべえもの

世界大百科事典 第2版の解説

うめのよしべえもの【梅の由兵衛物】

歌舞伎狂言,人形浄瑠璃の一系統。大坂聚楽町の梅渋吉兵衛という悪党が,天王寺屋の丁稚長吉を殺し金を奪ったことに拠る。事件は1689年(元禄2)のことといわれ,翌90年1月には大坂岩井半四郎座の歌舞伎で演じられている。その後《梅由兵衛命代金(かわせきん)》(1728年12月大坂関三十郎座)で,主を救う刀代に窮した由兵衛が,女房お吉の弟長吉を殺す設定が作られ,《遊君鎧曾我》(1736年1月江戸中村座)は,初世沢村宗十郎の俠客の由兵衛が大当りを取り,その扮装が後に継承される。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

梅の由兵衛物の関連キーワード隅田春妓女容性

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android