梅沢道治(読み)うめざわ みちはる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

梅沢道治 うめざわ-みちはる

1853-1924 明治-大正時代の軍人。
嘉永(かえい)6年10月4日生まれ。陸奥(むつ)仙台藩士の子。明治2年箱館で旧幕府軍に属してたたかい流罪となる。釈放後の5年陸軍少尉。日露戦争に近衛後備混成旅団長として出征沙河(さか)の会戦では梅沢支隊の名をたかめた。44年中将,第六師団長となる。大正13年1月10日死去。72歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android