会戦(読み)カイセン

デジタル大辞泉の解説

かい‐せん〔クワイ‐〕【会戦】

[名](スル)敵味方双方の多数の軍勢が出あって戦うこと。また、大規模な陸上戦。「両国が奉天に会戦する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かいせん【会戦 battle】

部隊(通常,軍以上)相互の戦闘をいう。初期の旧日本陸軍の教書では,敵・味方両軍が戦場に相会遭(かいそう)して戦うことを会戦といい,別に主力相互の戦いを全戦(そうたたかい)と呼んでいた。1885年陸軍大学校の教官として招聘(しようへい)されたドイツの参謀将校K.W.J.メッケル少佐著の陸軍大学校教本《戦時帥兵術》(1886)では,〈“戦闘”とは一般に戦いの総称であるが,慣用上“戦闘Gefecht”と言えば,小部隊の戦いを意味し,大きい部隊の戦いを“会戦Schlacht”と言う。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かい‐せん クヮイ‥【会戦】

〘名〙 双方の軍が出会って、戦うこと。一定地域に大兵力を集結して行なう大規模かつ決定的な戦闘。
※日本外史(1827)一「関東将士悉従之、刻期会戦」
※経国美談(1883‐84)〈矢野龍渓〉後「敵の大軍と平野に会戦するには」 〔孫子‐虚実〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

野球の用語

アウトサイド・コーナー outside corner 打者から見て本塁上の遠い側。外角。和製英語ではアウトコーナーともいう。アシスト assist打者が打った球を捕球後にある塁に送球し走者の刺殺を間接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android