梶浦 逸外(読み)カジウラ イツガイ

20世紀日本人名事典の解説

梶浦 逸外
カジウラ イツガイ

昭和期の僧 元・臨済宗妙心寺派管長。



生年
明治29(1896)年7月10日

没年
昭和56(1981)年2月10日

出生地
愛知県名古屋市東区白壁町

学歴〔年〕
般若林(臨済宗連合)〔明治42年〕卒

経歴
昭和18年臨済学院専門学校(現・花園大)学長。翌年、辞任。23年妙心山内慈雲院副住職となり、妙心寺脈に転派。44年より9年間妙心寺派管長。54年から国際臨済禅交流協会初代会長を務めた。一方、30年に正眼短大を創設、学長として後進の指導にあたったほか、妙心寺派の禅の海外布教を進めた。巨人軍の川上哲治元監督などの禅の師匠としても有名。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android