コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

棒頭 ボウガシラ

2件 の用語解説(棒頭の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ぼう‐がしら【棒頭】

駕籠(かご)かき人足のかしら。
一般に、人足のかしら。
「―のように頑丈なからだで」〈多喜二蟹工船

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の棒頭の言及

【飯場制度】より

…ただ機械化が進み,労働力にそれなりの技術と生産の計画性が要求されだすと,しだいに資本の直接的統轄に進み,炭鉱,鉱山等では作業監督機能を欠落したものが多くなった。 このような飯場は,統轄者としての飯場頭と中間幹部としての棒頭,助役(すけやく)が中心になり,それぞれに労働者が分属して,書記としての〈帳づけ〉がいるというのが一般的構成である。飯場の大きさは大小実にさまざまで,大きなものではさらに多くの階層に分かれ,その名称も所によって若干の相違がみられるが,飯場頭,中間幹部,労働者の3者から構成されることには変りがない。…

※「棒頭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

棒頭の関連情報