コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

音頭 おんど

10件 の用語解説(音頭の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

音頭
おんど

民謡などで全体の進行をリードする者,またはその者が独唱する口説 (くどき) 節の名称。建築や踊りなどで,歌や掛声でこれを指揮する者を音頭取りという。江戸時代後期に口説節が流行すると,盆踊りに取入れられ,1人が独唱し,踊り手が囃子詞を斉唱するために,その歌も音頭の名で呼ばれた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

音頭
おんどう

(1) 雅楽の合奏において,各管楽器の首席奏者のこと。「助管 (じょかん) 」の対。「主管」ともいう。 (2) 雅楽の声楽や声明 (しょうみょう) で,曲の最初や一段の初めの部分を独唱で受持つ者。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おん‐ど【音頭】

《「おんどう」の音変化》
多人数で歌うとき、まず一人が歌いだして調子をとること。また、その人。
多人数が歌につれて踊ること。また、その踊り・歌。「東京音頭
人の先に立って、物事をすること。また、その人。
雅楽で、各管楽器の首席奏者。

おん‐どう【音頭】

《「おんとう」とも》「おんど(音頭)」に同じ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

音頭【おんど】

日本民謡の曲種およびその演奏形式など。雅楽の音頭(おんどう)に由来。最初の句を一人が歌い出し,その他の人びとが続いて歌う掛合いの形式,その形式の曲,その独唱者,その最初の句などをさす。

音頭【おんどう】

日本音楽用語。(1)雅楽の合奏において,各楽器の首席奏者をいう。弦楽器の場合には面(母)箏(おもごと),面(母)琵琶(おもびわ)ともいう。管楽器では助管,弦楽器では助弦に対する。
→関連項目音頭竜笛

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

おんど【音頭】

日本音楽の用語。〈おんどう〉ともいう。雅楽では,唐楽と高麗(こま)楽において,管楽器のそれぞれ,唐楽ならば笙(しよう),篳篥(ひちりき),竜笛(りゆうてき)の,高麗楽ならば篳篥,高麗笛の首席奏者の称。音頭は,その楽器の声部を主導し,あるいは独奏部分を担当する。音頭以外の管楽器奏者は,助管などという。同じく雅楽の弦楽器や歌の声部にも同様の役と事柄とがあり,声明(しようみよう)などにもあるが,それらに対して〈音頭〉の語を用いることはあまりなく,それぞれ固有の名称で呼ばれる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

おんど【音頭】

〔「おんどう」の転〕
大勢で民謡・歌などを歌う時、先に歌い出して間合いや調子をとり、導くこと。
万歳や乾杯の時、先立って発声すること。
独唱と斉唱とを交互にはさむ形式の唄。のちには歌詞部分を音頭取りが歌い、他は囃子詞はやしことばだけを歌うようになった。木遣り唄・盆踊り唄など。
おんどう(音頭) 」に同じ。
[句項目]

おんどう【音頭】

雅楽の演奏で、同一の管楽器に複数の奏者がいる場合の首席の奏者。他を助管じよかんという。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

音頭
おんど

(1)雅楽における各楽器、とくに篳篥(ひちりき)・竜笛(りゅうてき)(横笛(おうてき))・笙(しょう)の三管の主奏者、および声明(しょうみょう)における主唱者をいう。元来長老格の者があたり、合奏・合唱の主導的役割を果たす。これに対し他の者を「助音(じょいん)」という。一般に雅楽の楽曲では竜笛の音頭の独奏で始まり、「助音付所(つけどころ)」から合奏、最後は各管の音頭で「止め手」を奏すことが慣習化している。「音取(ねとり)」や「残楽(のこりがく)」は三管の音頭と琵琶(びわ)・箏(そう)で合奏され各楽器の妙技が競われる。声明では単に「頭(とう)」ともいう。音頭の独唱で始まり、「付所」から斉唱。楽器の伴奏がある場合もここで加わる。[橋本曜子]
(2)日本民謡の演奏方法の名称の一つ。声明が音頭の独唱で始まり、付所の部分から複数以上の人々の斉唱が加わるところから、広く掛合い形式の唄(うた)も音頭とよばれるようになった。したがって、大ぜいの人々の行動を統一させるための木遣(きやり)唄、盆踊り唄などに音頭形式のものが多く、それがそのまま曲名にもなった。『相川(あいかわ)音頭』『伊勢(いせ)音頭』『河内(かわち)音頭』などがそれである。ところが、盆踊唄のように、この曲名には歌って踊るものが多いことから、大正末から始まった新民謡(創作歌謡による御当地ソング)の曲名のうち、にぎやかで踊り付きのものには「○○音頭」と命名するに至った。その代表曲が『東京音頭』である。[竹内 勉]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の音頭の言及

【村君】より

…西行が備前国児島で見聞した網漁において,一の竿を立て始めるときの呪詞を唱えた〈年高きあま人〉(《山家集》)の姿は,上記のような村君の姿を比較的よく示しているといえよう。なお村君に近似した職名としては,これも若狭国の漁村史料に見える〈多烏網の音頭〉,つまり網を操作するときの音頭とりに由来する〈音頭〉という職名をあげることができる。【保立 道久】
[民俗]
 村君(村吟味)はムラギン,ムラメギ,ムラゴミなどとも呼ばれる。…

※「音頭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

音頭の関連キーワード安藤近藤顫動音どうなイオン伝導転移温度高イオン導電体超イオン伝導体超イオン導電体イオン導入法

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

音頭の関連情報