コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

棘上筋 きょくじょうきん supraspinous muscle

1件 の用語解説(棘上筋の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

棘上筋
きょくじょうきん
supraspinous muscle

肩甲骨の背側上部にある棘上窩と棘上筋膜の内面から起り,肩峰の下を外方に走って,肩関節の上を越え,上腕骨の大結節上部に付着する筋肉。上腕を外転させる働きをする。この筋肉および腱の変性とか損傷によって起る種々の症候を棘上筋症候群という。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

棘上筋の関連キーワード腱板棘上窩 (supraspinous fossa)烏口突起 (coracoid process)肩甲棘 (spine of scapula)肩甲切痕 (scapular notch, suprascapular notch)関節窩 (glenoid cavity)前角 (cranial angle)後角 (caudal angle)前緑 (cranial border)後緑 (caudal border)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone