症候(読み)ショウコウ

デジタル大辞泉の解説

しょう‐こう〔シヤウ‐〕【症候】

病気のとき現れる、種々の肉体的・精神的な異常。
「自分では外部には何の―もない積りでいるけれど」〈三重吉・小鳥の巣〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうこう【症候】

臓器・組織の病的変化により、体や精神に現れる異常な状態。症状。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しょう‐こう シャウ‥【症候】

〘名〙 心身に現われた病的変化。患者自身が感じて訴えるものを自覚的候、医師や他人の観察によって認められるものを他覚的症候という。診断・治療の資料や基準となる。症状
※内科撰要(1792)三「其発見せる症候に徴して弁ずるに非れば」
※南小泉村(1907‐09)〈真山青果〉七「盲腸炎だらうと思ふんですが〈略〉余程症候(シャウコウ)が進んで居るやうです」 〔水滸伝‐六〇回〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

症候の関連情報