コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

棚卸資産回転率 たなおろししさんかいてんりつ inventory turnover

1件 の用語解説(棚卸資産回転率の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

棚卸資産回転率
たなおろししさんかいてんりつ
inventory turnover

在庫品回転率とも呼ばれ,純売上高÷期首・期末平均棚卸資産で求められる。年に棚卸資産の何倍の売上高があったか,すなわち棚卸資産 (商品,製品,材料,仕掛品,貯蔵品など) が年に何回転したかということで,回転率が高いほど売行きも順調で,資金繰りもよく,反対に低いことは売行きが低調で在庫が多く,資本が固定化して資金繰りが悪いということになる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

棚卸資産回転率の関連キーワード一般製品レベル期待製品レベル効率的高レベル低レベル燕龍茶レベルケアレベル3代謝効率レベル1とレベル2の地震・津波国際原子力事象評価尺度(INES)

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone